1. トップページ
  2. 家庭用毛穴吸引器の各社特徴と口コミ

家庭用毛穴吸引器の各社特徴と口コミ

国内大手ブランド

国内ブランドではパナソニック一択です。

海外(といってもほぼ中国)ブランドのに比べると非常にソフトな吸引力が特徴。

これは弱くてダメな製品というわけではなく、これ以上は肌負担になるからここまでにしているだけと考えるべきです。

パナソニック 毛穴吸引 スポットクリア EH2513P

パナソニック 毛穴吸引 スポットクリア EH2513P

安心国産パナソニック。

ただ吸引力が弱いと不満を持つ人が多いです。

外国ブランドのものは吸引力が強いです。そのためそっちを好む人が多いですが、肌負担を考えたらPanasonicのほうが安心です。

ヒカキンさんが使っていますが、吸引力が弱いなりに取れているのが分かります。

ただあれは、ミスト機能で濡れた水分を半分以上含んでいるため、あの見た目通りに角質が取れているわけじゃありません。

海外ブランド

ほぼ中国ブランド。

しかも、ブランド名が違うだけで製品が同じということが多いです。

とにかく取れるとの口コミ多し。

それもそのはずで、

中華製毛穴吸引器の吸引力

こんなレベルまで肌を吸い付けるからです。

ハンドタイプ

中華製毛穴吸引器

手に持って使うパナソニックと似たようなタイプ。

  • KIboer
  • Avatool
  • ENKANG
  • EIVOTOR
  • Awstech
  • Qiandy
  • THZY
  • BESTOPE
  • Nenka
  • Zpure
  • SANLANDOR
  • MUIIGOOD
  • MOULEI

などなど。

Amazonで毛穴吸引器と検索するといっぱい出てきます。

Panasonicと比べて非常に吸引力が強く、最強モードだと多少の硬い角栓さえ引っこ抜くレベルです。

確かにすごいのですが、それだけ肌を引っ張るということはかなりリスクがある証拠です。

最高モデルは5段階で吸引力を調整できたり、レーザー治療のような光照射、温める・冷やすの2モードが選択できるなど機能的です。

ですが光照射に関してはパワー不足で効果は期待できないでしょう。光効果を期待して長く使いがちなので、そこは無視して使ったほうが良いですね。

基本的に2,000~4,000円の価格帯で、どれを使っても大差はありません。

据え置きタイプ

Nenka 据え置きタイプの毛穴吸引器

エステの吸引器みたいにチューブが伸びているタイプ。

かなり本格的です。

水を出しながらなので、パナソニックみたいに肌負担を減らせます。

吸引力と肌負担の少なさを両立したモデルですね。